畳8畳

狭いですがゆっくりしていってください

Wirelessヘッドフォンの音質。特にBoseとSpotify Premiumの相性

Bose Quiet Comfort 35 wirelessを手に入れてから4ヶ月。

24時間、首元から離せなくなった。音楽を聞くにも電話をするにも、これがなければ集中できない。時には何も流さず、ただただ環境ノイズを遮断するために使ったりする。カフェで仕事をしていても暇そうなオバサン達の会話を聞くこともなく自分のTodoに没頭できる。バスの乗り過ごしを経験できたのもこの製品のおかげだ。

 

最近は社内で5人も同じプロダクトを身に着けている。

自分のヘッドフォンがわからなくならないよう、首元ステイさせておくのは暗黙のルールだ。勿論、髪型をうっかり坊主にしてしまわないこと。それも暗黙のルールである。

 

その音質本領発揮していませんよという話

さて、本題。MacでSpotifyPremiumを使っている方を基準に話をするが、このBoseヘッドフォンのコーデックサポートをご存知だろうか?コーデックによって音質の善し悪しが決まる故、ファンには気になる項目だろう。しかし残念ながらEストアのページにもマニュアルにも詳細を書いていないのである。

日本のカスタマーサポートは一つ質問を入れるのに個人情報を尻の毛一本まで毟る勢いだったので踵を返し、本家に問い合わせを入れてみた。本家は匿名での質問を受け入れてくれた。

Bose QuietComfort 35 (QC35)がサポートするコーデックが何なのか問い合わせしてみた

 

上記ブログで実際問い合わせ結果まで紹介してくれているので、情報を組み合わせてみる。

つまりはこういうこと。

QuietComfort 35 wireless headphones」と「SoundSport wireless headphones」は、標準コーデックであるSBCに対応している。それ以外のコーデックの対応状況については開示しませんよ

 

そもそもMacOSはBluetoothAudioのコーデックにapt-xは非対応、AAC(Appleが作った)を対応という独自のルールがありながらOSではデフォルトOffになっている。

一方でヘッドフォンメーカーは大手でさえ対応コーデックを非公開にしていたりと消費者にとって不利な状況。アンオフィシャルなサイトから情報収集して自分の使うプレーヤーとを適切にマッチングしなければならない。

 

そこでapt-xAAC対応のBluetoothワイレスヘッドフォンやイヤフォン、スピーカーを持っていてMacで音楽を聴いている人(OS はEl Capitan以上 )は一度試して欲しいことがある。

 

  1. メニューバーにBluetoothのアイコンを出し、Shift + Option + クリック。Wirelessヘッドフォンのデバイスにカーソルを合わせてみる。もしコーデックがAACではなく画像の様にSBCになっていたら、それは本来のデバイスの力を発揮していない。

    f:id:Jorta:20170427122427j:plain

  2. 自分が試したのはAppleのDevs用サイトからHardware IO Toolsダウンロード。(Xcode 7用で試した)Bluetooth Exploreを開く。

    f:id:Jorta:20170427122447j:plain

    f:id:Jorta:20170427122451j:plain

  3. Tools > Audio Options > Enable AACにチェック。バーを右に最大までスライド
  4. もう一度メニューバーにBluetoothのアイコンを出して、Shift + Option + クリック。AACになっている。早速Spotify Premium(AACビットレート320kbpsで配信)で試してみよう。

    f:id:Jorta:20170427122744j:plain

BOSEのコーデックを隠す理由がよくわからない。MacOSBluetoothコーデックのAACデフォ非対応というのも謎だ。

とにかくこれで多少のクオリティが担保された。