読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畳8畳

狭いですがゆっくりしていってください

18歳の初春、高校の卒業式に出席をせず、その見込み書だけを自宅に届けてもらい、僕は東京で大学入試を受けていた。

 

そして失敗。人生の大敗を喫した。

西日本の方田舎、村の人口なんて3桁ほどで、10分もあれば全員の名前を言えてしまう。

 

-

 

友人達から貰った沢山のお守りの数々も虚しく、事後報告会では更に気を遣わせる結果になった。地元で就職を選んだ友人から、目標を諦めず東京の予備校に通うなんて、オレには出来ないと、励ましてくれた。新しい門出だ。と皆祝ってくれた。

 

言葉は自分よりも何倍も大人だった。

 

予備校の学生証が自宅に届いた時、いよいよ勝負が始まるのだと緊張したのを覚えている。中央線沿いにある予備校は、小規模ながら実力で言えば都内でも名門で、高校の受験勉強中に読む大学入試向け資料でも必ず広告が出ていた程だった。

情報源が限られた田舎町には、メジャーなメディアにメジャーな広告を載せる事が人々の洗脳の一歩であった。そのうちの1人が自分だ。それしか頼るものが無いから仕方がない。

 

最初は一人暮らしを目指していた。経済的な理由と受験に集中するため、社会人と学生が多く暮らす寮に入った。

 

何から何まで初めての体験で、駅構内で矢印の多さに驚き、ビルの窓の数に驚き、自分よりも高い場所、ビルの2階3階辺りに走る車や電車のシャシーをポカンと見つめていた。ただの車でさえ、ただの電車でさえ、昔想像で組み立てた立体プラレールが現実のものになっている東京に圧倒されたのだ。

 

街の作りだけではなく、交友関係を含むその複雑で難解なエニグマのような社会構造は無機質に感じた。自分の単純で稚拙な鍵でアクセスできてしまうプライドが馬鹿馬鹿しくもあり、有機的にも感じた。

 

 

寮では、寮母が作る飯を食堂で食べるのが日課だった。

朝晩自分のリクエストとは全く違う物を食べるのだ。

 

プラスチック容器でまとめられた食器にご飯とおかずを入れて、ビニールのクロスが張ってあるテーブルに置く。蛍光灯の光とテレビの光が、センスの悪い花柄のポットを余計虚しく演出していた。

 

友人は最初いなかった。色んな職業 年齢差の人達を見かけた。服装は皆ジャージで、時折スーツのジャケットを脱いだだけの人も居た。分厚い眼鏡を掛けた中分の茶髪、やんちゃなグループ、年齢職業不詳のおじさん、アフロヘアの長身。皆何をしているんだろうと、どこから出てきて、何を目的に東京に来たのか。想像が膨らむばかりだった。

 

入寮し、3ヶ月が過ぎようとする頃、食堂は扇風機からクーラーに変わり、夏らしいメニューが増えてきた辺り、大浴場で僕は、かなり年上のおじさんと世間話をする仲になっていた。

その人は大阪で保険関係の仕事をしていて、新宿に支社があるんだと言っていた。僕の受験を知っていたおじさんは気分転換にと、ゴッホの画が飾ってある美術館の入場チケットを2回くれた。 

 

月日は流れ、秋口には部屋に遊びに来る友人と、挨拶をする程度の友人が出来ていた。

食事の時間になると皆で食堂に向かった。沢山馬鹿な話をした。工事現場勤務や日雇い大工、音楽の専門学校生に美容師の卵、日本語の勉強をする外国人、同じ学校に通う予備校生。

 

寮で暮らす、数十人もの人間の多様な生き方を、その生々しさとドラマを、24時間感じることができるリアルな場所は、こんな所以外存在しないと思っている。

 

-

 

食事の時間、主におかずを平らげて二杯目のご飯へと移る割合が多い事が統計でわかった。ある日、友人5人とテーブルを囲んだ時の事。

全員がお茶漬けをした。友人がふりかけを買ってきたのだ。

 

しかし全員の作法が違った。

ある人間は熱い緑茶をたっぷり、ある人間はお湯を少しだけ、ある人間は冷たい麦茶で、ある人間は茶碗のご飯を縦半分に固めて分け、そこにふりかけを全部入れた。

 

「昔から」だと、「自分の家ではこうだ」と作法の違いに皆持論を唱えた。

僕達は流や道を持っていた。これは食に限った話ではない。

剣道や柔道、茶道に華道のように、生活の中で流派を確立していたのだ。

 

隣の哲くんが、自分のを平らげた後、過去経験のない冷たい麦茶でお茶漬けを試した。

彼はそれを気に入った。

 

次の日彼は新しく学んだ作法でお茶漬けを食べていた。

 

 

きっかけはどうこうあれ、流派を広めることは難しい。自分のやり方が皆気に入っているからだ。

 

後ろに人を並ばせていく影響力やカリスマ性は重要だが、一番手の行動というのはバイアスの塊であり、無意識行動の一波に過ぎない為必ずしもその力が全てではない。

実は二番手の、自分の概念を壊しながら興味本位で冒険し、その流派に感動した後の敬うアクションが僕にとっては興味深く、それを知った上でコントロールできる人間こそ本当の革命者であると、寄せ固めたご飯にお湯を注ぎながら感じていた。

 

 

Wirelessヘッドフォンの音質。特にBoseとSpotify Premiumの相性

Bose Quiet Comfort 35 wirelessを手に入れてから4ヶ月。

24時間、首元から離せなくなった。音楽を聞くにも電話をするにも、これがなければ集中できないアディクションだ。時には何も流さず、ただただ環境ノイズを遮断するために使ったりする。カフェで仕事をしていても暇そうなオバサン達の糞会話を聞くこともなく自分のTodoに没頭できる。バスの乗り過ごしを経験できたのもこの製品のおかげだ。

 

最近は社内で5人も同じプロダクトを身に着けている。

自分のヘッドフォンがわからなくならないよう、首元ステイさせておくのは暗黙のルールだ。勿論、髪型をうっかり坊主にしてしまわないこと。それも暗黙のルールである。

 

その音質本領発揮していませんよという話

さて、本題。MacでSpotifyPremiumを使っている方を基準に話をするが、このBoseヘッドフォンのコーデックサポートをご存知だろうか?コーデックによって音質の善し悪しが決まる故、ファンには気になる項目だろう。しかし残念ながらEストアのページにもマニュアルにも詳細を書いていないのである。

日本のカスタマーサポートは一つ質問を入れるのに個人情報を尻の毛一本まで毟る勢いだったので踵を返し、本家に問い合わせを入れてみた。本家は匿名での質問を受け入れてくれた。

Bose QuietComfort 35 (QC35)がサポートするコーデックが何なのか問い合わせしてみた

 

上記ブログで実際問い合わせ結果まで紹介してくれているので、情報を組み合わせてみる。

つまりはこういうこと。

QuietComfort 35 wireless headphones」と「SoundSport wireless headphones」は、標準コーデックであるSBCに対応している。それ以外のコーデックの対応状況については開示しませんよ

 

そもそもMacOSはBluetoothAudioのコーデックにapt-xは非対応、AAC(Appleが作った)を対応という独自のルールがありながらOSではデフォルトOffになっている。

一方でヘッドフォンメーカーは大手でさえ対応コーデックを非公開にしていたりと消費者にとって不利な状況。アンオフィシャルなサイトから情報収集して自分の使うプレーヤーとを適切にマッチングしなければならない。

 

そこでapt-xAAC対応のBluetoothワイレスヘッドフォンやイヤフォン、スピーカーを持っていてMacで音楽を聴いている人(OS はEl Capitan以上 )は一度試して欲しいことがある。

 

  1. メニューバーにBluetoothのアイコンを出し、Shift + Option + クリック。Wirelessヘッドフォンのデバイスにカーソルを合わせてみる。もしコーデックがAACではなく画像の様にSBCになっていたら、それは本来のデバイスの力を発揮していない。

    f:id:Jorta:20170427122427j:plain

  2. 自分が試したのはAppleのDevs用サイトからHardware IO Toolsダウンロード。(Xcode 7用で試した)Bluetooth Exploreを開く。

    f:id:Jorta:20170427122447j:plain

    f:id:Jorta:20170427122451j:plain

  3. Tools > Audio Options > Enable AACにチェック。バーを右に最大までスライド
  4. もう一度メニューバーにBluetoothのアイコンを出して、Shift + Option + クリック。AACになっている。早速Spotify Premium(AACビットレート320kbpsで配信)で試してみよう。

    f:id:Jorta:20170427122744j:plain

BOSEのコーデックを隠す理由がよくわからない。MacOSBluetoothコーデックのAACデフォ非対応というのも謎だ。

とにかくこれで多少のクオリティが担保された。

 

 

遺伝子学から読み解く自由の定義

分子学者であり生物学者でもある福岡伸一先生。

彼のシビれる考え方を、僕なりの解釈を加えながら意訳メモ

 

DNAの基礎

 

メタファと環境変数

  • 遺伝子は、鳶が鷹を産まないようにしているだけで、どんな鳶になるかは環境が決めている。
  • 塩基ATGCを楽譜に例えるのなら、我々には楽譜だけが与えられていて、どんな風に演奏するかは「どんな空気」を吸って「どんな刺激」受けて「何」を見たか等環境で決まっていく。ピアニッシモ、ピアノ、メゾピアノ、メゾフォルテ、フォルテ、フォルテッシモ等、楽譜には様々な記号があるが、それが変数だと捉えたらいい。全てはインプロビゼーションの様である。
  • 子は親に似ると言う言葉があるが、それは違う。どんな変な親でも、ちゃんと子は育つ。それは環境が左右してくれるから。

 

遺伝の呪縛と解放 イギリスのEU離脱から考察できる「人間」の本質

  • 人は長い歴史の中で唯一遺伝子の呪縛から脱することが出来た生物である。遺伝子の呪縛とは「争え・奪え・縄張りを作れ・そして自分だけが増えよ」という事。つまり利己的な命令。コレに対して、争うのではなく協力し、奪うのではなく分け与え、縄張りをなくして交流し、利己的ではなく共生すること、遺伝子の呪縛からの自由にこそ、新しい価値を見出した初めての生命体「人」である。
  • 種に奉仕するよりも、個と個を尊重する生命線 国境という人工的な線をなくし、人々の往来と交流を促進し、共存を目指したのがEUの理念であったのなら遺伝子の束縛から一歩踏み出した生命線に適っていた。

  • イギリスがEUから離脱したことを特別に重視してはいない。なぜなら生命の動的平衡とは、沈めようとすれば浮かび上がり、押せば押し返すもの。人は遺伝子を発見し、その命令を読み解いた上でそこから脱する事の価値に気づいた。遺伝子の成せる技だとすれば…、遺伝子はこう言っているのかもしれない。生命よ自由であれ。と。

 

動的平衡 *1

  • 遺伝子とはOSであり、このOSは残念ながら個を大切にしていない。種を大切にしているのだ。しかし「怠けようが、早く死のうが自由である」と、人は個の自由発見した。
  • 人は遺伝子を越えていく。戦え蹴落とせは原始的なものだ。個体は豊かな人生を歩めると気づいたのも人間だ。
  • 生か育ちか。と問われれば、自分(福岡氏)は遺伝子学者だが「育ち」のほうが大きいファクターだと思っている。
  • 動的平衡は私達の個体のあり方である。流体のようなもので、入ってきた食べ物は常々分解しているので、昨日の私と今日の私は物質的に違う。分子が入れ替わっているのだ。

 

人間の自由 - 感想 -

過去に拘るということは愚かなことだ。虫や動物は約束を守らない。自戒しない。途中で死を選ぶ動物は人間以外に在るだろうか。


現代の人間は、本来持っている遺伝的命令「争え・奪え・種を残せ」に従っていない。環境作用に寄ってコントロールされている生命体が僕らの現状だ。

遺伝子は不自由で、個は自由。複雑な状況だ。

僕らは自由な個体で自由な状況下にいると思っているが、それを取り巻く環境が、僕らをコントロールしている。取り巻く環境は巨大なコンセプトによって動いている。この一度決められた概念は根深く、歴史あるものだ。

 

複雑に絡み合った根深い歴史ある概念を変えるには、作られた時間にこそヒントが有る。当時の人々が実証できなかった抽象的な物事と限られたコミュニケーション。これが変革のためのキーワードになるだろう。善か悪か。バイアスを壊し、コンセプトリメイクで大義を動かすことが唯一の社会変革の希望であることは間違いなさそうだ。

 

参考文献:TBSラジオ朝日新聞 2016/6/21

*1:ルドルフ・シェーンハイマーの提唱した「生命の動的状態(dynamic state)」という概念を拡張したもの

資本主義

ここがどこなのかを理解するのに20年以上費やしてしまった。

確かに僕は今、巨大な巨大な水槽の中で泳いでいる。

 

僕以外にも沢山の人間が泳いでいる。組織で個人で、皆思い思いの表情で泳いでいる。時折子供を見かけるが比率的にはそうでもない。

 

微かな射光が遥か彼方、水槽の角で光量を変え、僕を捉える。

反射する光と音で自分の小ささを確認できる。自由に泳げる快適な環境だが、上も下も終りが見えない。そもそも浮遊しているのでどちらが上なのか理解できない。今わかるのは、巨大という表現が幅奥行きではなく、高さだということだ。

 

聴覚神経を研ぎ澄ますと、四方八方から笑い声が聞こえる。エコーの様に響いている。 

 

しかし、どういったものか、穴の様に暗い底の方は笑い声ではないことに気づく。阿鼻叫喚だ。これは何だか聞いたことのある声だ。

 

 

考えてみると、あいつはいつからか様子がおかしかった。ある時を境に僕が何者であるかを仕切りに聞くようになった。僕は自分について話す事に抵抗はなかったが、彼の興味は次第にエスカレートし、時には嘘をつかなければ抑えられないほど執拗に迫られた。その態度が収まることはなく、当初の僕の自発的な行動は、強要という操作によって掻き消され、いずれ脅迫に支配されていった。

 

正気を失うものであったが、彼からの興味を喜んで受けれ入れている自分がいることに気づいた。疑う余地もなく、彼を肯定していた自分が確かにそこには居たのだ。

 

その狭間を感じていたある日、突如彼は自分の中から姿を消した。

 

僕の全て、脳細胞の信号1つまでをも知った彼は、「もう聞くことは何もない」と飽きて行ったのか、将又僕を育て終えたのか、誰かの作用に寄って消されたのか...、別れも言わず居なくなった。

 

脅迫の日々から突如現れた虚無。彼の存在が確認できない事が僕の首を絞めていた。僕は彼を必要としている。彼を探さなければ息ができない。苦しい。彼が必要だ。生きるために。

 

長い時間彼を探した。苦しかった。息ができなかった。でも死ななかった。死ねなかった。何かが死を許さなかった。

 

彼に聞きたかった。彼が一体何者なのかを。

彼がどんな人間でどんな発育をし、どんな思想を持ち、どんな哲学を説くのか。

どんな血が流れ、どんな細胞を分裂させているのか、どんな信号を送っているのか、そして僕をどう見ているのか、僕をどう感じているのか。それを聞きたくて聞きたくて、気になって気になって…。

 

僕は必死の思いで泳ぎ続けた。

 

彼という外の意識が増えれば増えるほど、身体が重く感じた。泳ぐ事がもっともっと辛くなった。

 

ある時、透明な壁にぶち当たった。そこには老けた自分が映っていた。初めて自分が巨大な水槽の中にいることを知ったきっかけだった。

 

水槽の中で生を確認して自分がどこにいるのかがわかった。

 

僕はこの世界に壁等ないと思っていた。自分の意志で生き、自由を意識する必要がなかった。

だが残念なことに、ここは誰かの世界のようだ。

 

頭の中を騙して創り上げた謂わば虚栄の自由は、僕なりの努力だったのだ。

 

生まれ持って決められた運命の中で優雅に泳いでいただけで愚かな姿だったのだ。あの笑い声はそれに気が付かない自分を誰かが指を指して笑っていたに違いない。

 

これまでの自分の恥を隠したくて居ても立っても居られなくなった。

 

とにかく上へ逃げた。壁を伝いながら上へ上へ。

 

自分の姿、彼の行方、悔しさ、不甲斐なさ、虚無感、晴れない霧の中、人々を横目に上へ泳いでいった。

 

バタ足が100万回を数える頃、上の終わりが見え始めた。巨大な水槽は永遠に続いていて欲しかった。これで終わりとは認めたくなかった。

 

バタ足の速度は徐々に遅くなり、天辺が近づいてくる。ゆっくり掌を天辺に合わせた時、結局何も手に入れられなかった事に絶望した。

下を見るとゴマのようなものが沢山浮いていた。

 

 

意外と時間がかかったな。

声というような可愛いものではない。爆音が響いた。音の力が衝撃となって伝わって来る。

 

彼の声だった。

 

水槽の外に彼がいた。それは巨大だった。口元しか見えない。

歯の1つを越えるのも大変な苦労がかかるだろうと想像できた。そのくらい巨大だ。

 

気を動転させながら、僕はがむしゃらに、積み上げてきた沢山の質問を彼に重ねた。

このチャンスを逃したくはない。

 

彼は終始ニヤニヤと口角を上げていた。

 

そして言った。

 

これはゲームだよ。

君はゲームの中の人。僕は「外の世界」で君達を飼っているんだ。

君たちの世界はその水槽。

 

僕は君の力を借りて外に出た。

 

この世界の事を未だ知らない人へ、気付かれないようにして自分に興味を持ってもらうこと。それさえ守れば外に出られるんだ。

 

この水槽の中でルールを知っている人は半分くらいか。

みんな探してるんだ。ルールを知らない人、君みたいな人を。

 

でも変だろ?

皆、僕みたいになりたいと思っているんだけど、なかなか出られない。人の力を借りると言っても、期待させて裏切るなんて道徳心が許さないみたいだ。人は哀れだよな。

 

君がもし水槽から出たければ、自分を偽って沢山の人を騙すといいよ。騙していつか外に出られたら、水槽を使ってゲームをしようよ。ニヒリズムが君を助けるはずだ。

 

彼はゆっくりと立ち上がる。 大きな音を立てながら水槽に背を向け、遠くへ歩いていった。彼は両手一杯に沢山の水槽を抱えていた。それは幾分か僕のいる場所より小さかったが、同じように沢山の人間が泳いでいた。

 

それを呆然と見ながら自分の身体は揺れていた。